京都 旅館 ホテル杉長(京都市中京区)

ホテル杉長新企画朝食メニュー/京都 旅館 ホテル杉長(京都市中京区)


ホテル杉長オリジナル料理。
京都の素材をふんだんに生かし3種類のお豆腐の食べ比べや季節に合わせた京都ならではのお漬け物をご用意いたしました。
お豆腐は消化、吸収も良くまた、たんぱく質の栄養価値も高く評価されています。
朝からたっぷり食べてスタミナを付け京都散策をお楽しみください。

豆腐ができるまで

その壱
大豆をよく洗い一昼夜水の中で寝かせる。
その弐
そのまま大豆をよくすり潰し鍋に移して
沸騰するまで火にかける。
沸騰したら弱火にして数分煮る。
その参
出来た煮汁を布袋などで固く絞る。
よ〜く絞って残ったのが「おから」。
絞った煮汁の方が「豆乳」です。
その四
豆乳を弱火にかけにがりをうつ。
その五
にがりを入れた後も煮続けます。
豆乳の表面に薄い膜が出来てきます。
これが湯葉です。湯葉になるかならないかの軟らかい部分をすくい取って固めた物が「汲み上げ豆腐」です。
その六
1,2ヶ所清んだ部分が出てきます。(豆乳の成分が固まってくるため)その後、蓋をして15分くらい待って、布袋をかけその上に染み出した水を捨てます。
布袋の下の固まりが「おぼろ豆腐」です。
その七
おぼろ豆腐を型に入れて重石を乗せ水を切り、緩やかな流水にさらしてた物が⇒「お豆腐」になります。

汲み上げ豆腐

汲み上げ豆腐
豆乳を煮る中で一番最初に出来るおいしい部分(汲み上げ湯葉)を汲み上げて型にしたものをいいます。
水分を切らないことで軟らかい食感を残し、大豆のしっかりした甘みと舌触りの良さをお楽しみください。
汲み上げ豆腐プリンなんて呼ぶ方もいます。

おぼろ豆腐

おぼろ豆腐
朧(おぼろ)とは「はっきりしないさま」「ぼんやり」が辞書の意味で、おぼろ豆腐とは作り方にもありますように豆腐が固まる途中の軟らかいふるふるとした 状態の豆腐をいいます。豆腐は固める途中で水にさらしたり重石をするのですが、その過程で豆腐に含まれるミネラルやうまみ成分が水分と一緒に抜け出てしま います。おぼろ豆腐はその前のお豆腐で大豆の旨みを12分に楽しむことができます。

湯豆腐

湯豆腐
豆腐には冷奴、ハンバーグ、湯豆腐、麻婆豆腐、厚揚げなど色々な食べ方があり、昔から今に至るまで様々な料理の材料として使われてきました。それだけ栄養 がありシンプルで飽きがこない食材といえるでしょう。京都ではその栄養価の高さから精進料理に多く使われてきました。中でも湯豆腐は豆腐を昆布の出汁で炊 くシンプルな素材あっての料理です。是非湯豆腐で豆腐の味をお楽しみください。